茨城県の家庭教師

茨城県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

発達障害の個性を活かし普通高校合格

2015/05/28

中3のRさん(ひたちなか市在住)は心臓に先天的な疾患を抱えた上、学習障害もあることから、特別支援級に通っていました。

とても素直で、何にでも一生懸命取り組む頑張り屋さんでした。
宿題も手を抜かず、きちんと仕上げて提出してくれました。

そんな彼女だからこそ、特別支援学校への進学は望まず、水戸女子高等学校への進学を希望していました。

自宅周辺にも塾がありましたが、受験対策を熱望し、ジャンプのプロ家庭教師ならなんとかしてくれるとの思いから入会されました。

志望校の過去問を分析し、受験に必要な内容の指導に集中しました。

具体的には、
数学→計算問題
英語→基本文法
国語→漢字と簡単な読解問題
がそれぞれ中心となりました。

彼女の語彙力をカバーしながら理解に導くために、できるだけ平易な言葉を使って指導に努めました。

「やれば出来る」

ということを本人だけではなくご家族の方にも実感していただきたく、指導時に解いた問題や宿題での理解度を細かくお母様にも報告し、本人の頑張りを心底誉めてやる気に繋げました。

指導にも慣れてきた頃、生徒が私に頼り過ぎるようになってきました。

このままでは、彼女の描くような自立した高校生活が難しくなると思い、高校生活では甘えは許されず、できることは自分の力で乗り越えなければならないと話し合いました。

以後は、生徒自身で考えて行動できるように問題や指示の出し方にもを工夫し、

「今一人で解けた問題は過去問だよ!やったね!」

などと声がけし、生徒の士気を高めていきました。

すると次第に、できないからと駄々をこねる回数も減り、一問一問に向き合えるようになりました。

私は指導を通して、初めは普通高校は難しいのではとも思いましたが、真面目にコツコツ取り組むことで、必要な知識をマスターし、見事普通高校に合格できました。

生徒の特性をきちんと見極めて指導することが非常に大切だと感じ、今後の指導にも活かしていくつもりです。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得