茨城県の家庭教師

茨城県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

短期集中、数的処理対策(公務員試験 警察、消防)

2015/06/27

Fさん(社会人:ひたちなか市在住)は、高校・大学とレスリング一筋の学生生活を送っていたため、体格も良く、礼儀正しい好青年でした。

レスリングで鍛え上げた身心を活かした仕事に就きたいと、公務員(消防士・警察官)になることを希望していました。

自宅周辺は住宅地で、予備校も無かったため、自学で試験勉強をしていました。

しかし、得点が伸び悩み、自己流の取り組み方に限界を感じていました。

そんな時、公務員試験対策にも対応できるプロ家庭教師のジャンプの存在を知り入会しました。

入会してから試験まで、残された時間はわずかでした。

そこで、生徒さんの最も苦手とする数的処理に特化した指導を行いました。

過去問より基本・頻出問題に的を絞り、まとめノートに例題と解法を提示し、解説をした上で類題による実践を積み、正答率6割以上の問題を落とさず解けるよう対策に努めました。

解説の際も、簡易迅速に理解してもらえるように、
「このタイプの問題はこういう解き方で解く」という解法パターンをまとめノートを使って徹底的に頭に叩き込んでもらいました。

生徒さんは「全部やらなくていいんですか?」と始めは心配そうにしていました。

しかし根拠のある問題抜粋と、参考書よりよほど理解しやすい解説に「まずは先生に言われたことを確実にして、そのあとで難しいものに取り組めばいいですね!」と、こちらの意図を理解してさらに集中してくれるようになりました。

指導で学習した内容と他の科目は日々取り組みやすいよう日割りの自習課題とし、反復することで知識の確認と定着に励んでもらいました。

要領を掴んでくると、「同じパターンの問題がわかるようになってきたら、勉強しやすくなりました。」と学習量も増えてきました。

短期間とは言え、本試験が近づくにつれ、「不安で夜も寝付きが悪く、寝不足です。」と心と生活のリズムが乱れ始めました。

「どういうところが心配なの?」「スッキリして試験と向き合うためにはどうしたら良いと思う?」等と生徒さんと話し合い、納得してもらった上で勉強体勢に戻ってもらえるようメンタルケアも大事にしました。

その結果、警察官も消防士も両方合格できました。

合格発表の日、「先生、受かりました!!時間が無くて焦ったけれど、先生のお陰で乗り越えられました。ありがとうございました!」との一報を受けたときは感無量でした。

と同時に、改めて個々の生徒さんの性格や思考力を分析し、それぞれに見合った指導の重要性を感じ、今後の指導にも繋げていきたいと思っています。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得