茨城県の家庭教師

茨城県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

楽しみながら身につく数の学習法

2016/02/03

今回は、算数の学習に入る前の数の学習法の紹介です。

就学前、1年生の生徒さんの中には、

1つずつ丁寧に数えることが苦手

数字が嫌い

など、数に対して抵抗がある子どもたちがいます。

数の読み書きや数える作業は、日常生活においても活用する場面が多く、避けては通れない学習の一つです。

プロ家庭教師のジャンプでは、生徒さんの好きな要素を取り入れて、苦手なことにも興味を持てるような学習指導を提案しています。

数を数えることが苦手な生徒さんには、10~20個の動物やお菓子のイラストをバラバラに並べて、その中から好きなものを探してチェックをしてもらいます。

例えば、犬が好きな子なら、沢山のイラストの中から犬を探して丸をつけてもらいます。

次に、いくつ丸がついたかを数えてもらいます。

数える際には、数え間違いの無いように、丸を指で一つずつ確認しながら数えてもらいます。

好きなものを自分で見つけて、

何匹いた!

何個あった!

と発見することで、数えることの面白さと正確に数えることができた時の達成感を得ることができます。

個々の生徒さんの達成度に合わせて、イラストの数を増やしたり、イラストの大きさなどを工夫して、認識力と集中力を高める目的の作業を取り入れたりなど使い方は様々です。

その場合、チェックをする
時と数える時に使うペンの色を変えたり、丸の上にバツを書いたりと作業ごとに変化をつけて、正確に数えるためのパターンを指導します。

また、数えるものを犬と猫など二つに増やして、それぞれの何匹ずついるか、合わせて何匹いるかを数えることを経験させ、算数の足し算への橋渡しとします。

数字や計算の学習の導入部分として、子どもたちの好きなものをワンクッション挟み、関連性を持たせることで、スムーズに算数の学習に進めるように、工夫を凝らした指導に努めます。

プロ家庭教師が考えた、独自の教材ですので、目標とする到達点など使用目的を説明し、ご家庭からのご理解をいただいた上で教材を使った指導を行います。

好きなものや遊びの中にも学ぶきっかけがあり、いつの間にかできるようになっていたという感覚を幼少の時期から育んでいける指導を目指します。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得