茨城県の家庭教師

茨城県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

短時間で身につく学習指導法

2016/07/07

放課後は習い事に時間を取られてなかなか勉強する時間が取れない

土日も部活が忙がしくて、まとまった勉強時間の確保が難しい

など多くの小・中・高校生たちが部活や習い事と勉強との両立に苦戦し、プロ家庭教師のジャンプに入会されています。

プロ家庭教師のジャンプでは、時間に追われて忙がしい生徒さんでも、短時間で効率よく家庭学習を続けられるように、個々の生徒さんに合わせたオリジナルの学習プランを提案しています。

今回は、時間のない子でも毎日続けられる、

「あっという間プリント」

を使った指導法を紹介します。

私の担当した生徒に、

習い事で一週間のスケジュールが埋まっていて、時間的にも体力的にも余裕がない

勉強が大事なこともわかっているので、やらなきゃという気持ちはあるが、一人で勉強することに不安を抱えている

という小学校高学年の女の子がいました。

低学年の頃は、移動時間などの隙間時間を利用して、学校の宿題や塾の課題をこなしていました。

しかし、学年が上がるにつれて学習内容も高度になり、勉強が追い付かなくなっていきました。

授業の時はわかったと思っていても、宿題になるとわからなくなる

やる気はあるけど自信がないから、自分で仕上げることができない

習い事の時間は削りたくないし、これからも続けたい

とこれ以上はどうすることもできないといった様子で話してくれました。

そんな生徒の気持ちを尊重しながら、学習内容を理解するところまで持っていける方法はないかと考えました。

そこで、解説、基礎の確認、さらには類題による実践力の育成までをコンパクトにB4用紙一枚にまとめた、あっという間にできるプリントを作成しました。

プリントの左上には習得してほしい内容のタイトルと例題を書き込み、これから勉強する内容を意識して取り組んでもらうようにしました。

その下に解き方と解き方をさらにコンパクトにまとめたポイントを載せ、半ページにまとめました。

例題から解き方、ポイントまで一気に見渡すことができるため、視覚的にも取り組みやすい構成にしました。

解説が丁寧な市販の教材もありますが、この教材の強いところは、

生徒さんのくせや考え方に合わせたポイント作りができる!

ということです。コメントなどで、

先生との勉強で間違えたところ!

繰り上がりのうっかり気をつけて!

と、生徒が隣で聞いているかのようにポイントを付けることで、何に気をつけながら解くのかを紙面で意識させることができたのです。

生徒からはポイント部分が好評で、

教科書の説明はわからないことがよくあるけど、ポイントをみたらこういうことだったのかってわかる

先生のコメントはあっそうだったって思うこともたくさんある

ここを覚えておけば大丈夫だから安心する

と一人で勉強することへの不安を取り除いてあげることができました。

右半分のページには類題を用意し、理解した解き方を実際に使ってみる練習を試みました。

類題は学校の進度に合わせて、教科書や学校指定のドリルから抜き出し、学校の宿題と連動するようにしました。

すると、

あ!
この問題見たことある!

と生徒がかつて解いたことのある問題に気付きました。

この時点で、これまでいかに生徒が集中して課題に取り組んできたかがわかります。
勉強した内容がしっかりと頭に残ったからこそ、再度登場した問題にも気付けるのです。

そして、

一人になるとわからなくなる…

と言っていた宿題も、二度三度と繰り返し解くことで、正答率も上がっていき、勉強時間が短くてもできる問題が増えていきます。

さらには、急な学校のノート提出に備えて、プリントにある解説やポイントをノートに書き加えることで内容の充実に努めてもらいました。

するとノートを見る回数が増し、理解が進んだ状態で内容を整理していくことから、

学校の授業で先生が言っていたことがわかった!

と度重なる復習につながりました。

それに伴い、漢字や計算の小テストでも得点力が付いてきました。

友達にノートを見せてあげたら、すごくわかりやすいと言われた

とクラスメートからの評価に自信を付けてくれました。

特に時間のない子には、少ない時間であっても日々の勉強時間を確保してほしいと思います。

そのサポートとして、

これなら続けられる!

と思ってもらえる指導に取り組んでいきたいと思います。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得