栃木県の家庭教師

栃木県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

不登校を乗り越えて普通高校進学へ

2015/06/04

真岡市に住む中3のCさんは、いじめられていた友人をかばったことがきっかけで自分がいじめの標的となり、不登校となってしまいました。

当初は、人の顔色を伺いながら、周囲の目を気にするがために口数も少ない子でした。
しかし、打ち解けてくると話好きで自然と笑顔も見せてくれるようになりました。

高校は顔見知りのいない離れた学校がいい。
新たに友達を作って楽しい高校生活にしたいと國學院栃木高校へ進学することに期待をふくらませていました。

自宅近隣にも学習塾がありましたが、知り合いと顔を合わせたくないという理由から通うこと拒んでいました。

勉強したくても学校に行けない。
自習をしたくてもどうすれば良いかわからない。

苛立ちから家族と口論になることもありました。

一番安心できる自宅に先生が来てくれるなら勉強を再開したいとの理由で、中3よりプロ家庭教師のジャンプに入会してくれました。

しばらくの間勉強を離れていたことから、中1の英語と数学の復習から指導開始。

英語は語彙調べ、文法解説音読、ノート作りを一緒に行い、単語練習、本文の書き取り、音読を日割りにして宿題としました。

数学は、公式や解法を解説し、指導中に実践してもらい、解けることを確認しました。
宿題は類題のみとして、一人でやる力を培う内容としました。

英語・数学共に、翌週確認テストをすることで、知識の定着をはかりました。

芯の真面目な子だったので、宿題も積極的に取り組んでくれました。
しかし家族や友達、進学のことなどを考えすぎて自分を追い込んでしまい、家族と言い争いになったり、精神的なコントロールができなくなるときがありました。

そんな時は、少しでも本人の気持ちを聞かせてもらえるように、いつでもあなたの味方だし、お手伝いするよと向き合うことを大事にしました。

二人三脚での努力の結果、かねてより希望していた國學院栃木高校に合格!

新たにスタートを切ることができたことをご家族の皆さんと共に喜んだ日のことは忘れられません。

様々な事情で悩み、苦しい思いをしていても、一緒に乗り越えていくことで新たに道は開けるという気持ちを大切に、これからも生徒と向き合っていきたいと思います。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得