栃木県の家庭教師

栃木県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

公務員試験(消防吏員)一発合格に向けて

2015/06/27

小山市に住む高校3年生のE君は、サッカー部中心の高校生活を送り、率先して学校行事にも参加する、何事にも熱心な生徒でした。

小学生の頃、社会学見学で消防署を訪れて以来、消防士に憧れて、高校卒業後は消防士になりたいと、公務員試験(地方・初級)の受験を希望していました。

予備校にも通っていましたが、数的処理が苦手で授業についていけなくなり、本試験まで余り時間がないとの理由で、プロ家庭教師のジャンプに入会しました。

残された時間は3ヶ月だったので、要点を効率よく習得してもらうために、指導時には数的処理の過去問から基本、頻出問題を抽出しました。

まとめノートに例題を提示し、解法やテクニックを複数パターン用意して、生徒に一番合った解き方で問題を解いてもらうように準備をしました。

課題はファイルに日割りにし、指導時に解いた問題に加え、以前に習得した問題を併せて、類似問題を複数問解いてもらいました。

最初は「自力で解けるかどうか心配だ。」と言っていましたが、私のアシストが無くても正解できることがわかると、「見た目は違うように見える問題でも同じ解き方の問題なんですね。」と問題の種類や解法を見極められるようになりました。

本試験直前、精神的に追い込まれ、「先生どうしよう。やらなきゃいけないのはわかってるけど、不安で勉強が手につかなくて余計に焦る。」と相談されたことがありました。

私は、「不安になるのは勉強や理解が進んでいる証拠。そんな時こそ勉強だよ。」
と生徒を励まし、気持ちを奮い立たせました。

本試験を乗り越えられるだけの精神力を養ってもうことで、「勉強している時が一番落ち着きます。」と言ってくれるまでに成長してくれました。

努力の甲斐があり、志望していた公務員試験(消防士)にも合格することができ、自分自身に自信を持つことができたと喜んでいました。

自分の苦手とするところをしっかりと受け止め、克服するための努力を惜しまず続けることの大切さを知ると同時に、最後まで諦めない気持ちの強さが養われるのが受験勉強の醍醐味です。

自分一人では解決できない問題や悩みを一緒に解決していくのがプロ家庭教師です。
最後まで生徒に寄り添い続ける指導で、一人でも多くの未来を切り開いていくお手伝いができると嬉しいです。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得